愛知県刈谷市の歯科医院  みゆき矯正歯科 【矯正歯科・一般歯科】
ホーム > アフターコロナ


 アフターコロナ
投稿:Shuji Kamiya
本来ならこの時期、オリンピックで大盛り上がりの予定が、、、だれがこんな事態を予想したでしょう?
感染してしまって重症化した方々はもちろん、最前線で戦っている医療現場の方々、公務ないしはそれに準じたお仕事で多忙を極めている方々、経済的に窮地に立たされている方々、外出できずに時間をもてあます方々、学校に行けずに家にいる子供たち。いずれの人達もみんな少なからぬ影響を強いられているわけで、生活が急変したことはまちがいありません。
いったい、いつ収まるのでしょうか?何を収まったとする定義も定かではありませんが、収束しても元のような日常ではなくなる、すなわち価値観の変化は残るように思われます。
今まで常識とされたことがくつがえされているこの機会に、一度立ち止まって自分なりにいろいろと考え直してみようと思います。

所謂、3密を避けた生活習慣が推奨されています。言葉通りにはあまり近づかずに接触をさけてコミュニケーションしましょう、ということになります。
そこでたまたまなのか、神の意図のもとにか、現代社会においてはIT:スマホやコンピューターが普及して既に新しいコミュニケーション手段として確立されています。もはや人々の一部を除けば少なくとも日本では老いも若きも日常的にITなしには成り立たない社会となっています。コロナをきっかけとしてますます非接触のコミュニケーション手段として主要なものとなっていくでしょう。そして、今までの常識は通用しなくなるかもしれません。
例えば、「新任のあいさつに出向かなければ失礼にあたる」とか「直接会って、初めて気心が知れる」とかは逆に迷惑な行為となりうるわけです。
それで、元の生活よりも不自由になるのかといえば、場合にもよりますが、形骸化した習慣はムダも多かったでしょうからリーズナブルになることもあるでしょう。
企業の中にはオフィスをもたなくても成り立つ業種はテレワークなどに業務形態を変えていくでしょうから都市一局集中も軽減されるかもしれません。

われわれ歯科医師の場合、すべての各種学会をはじめとして講演会・講習会・会合は中止、延期となりノルマ的なものがなくなったため、とりあえず時間的な余裕を生んでいます。連絡を取って、近況報告するとだいたい空き時間に溜まっていたかたづけや掃除・整理に着手した者が多いようでした。
無くなって不便なことも少なくないですが、しばらくすると無くてもなんとかなったり、本当に必要だったのだろうかと考えるようになります。結構、不要なモノ・コトが溢れていることに気づきます。そしてそれらが無くなったことで、不自由どころか逆に充実したトキをもつことが可能になることにも気づかされました。もちろん、一見ムダに見えても実は大切なモノ・コトもあります。しかしながら、時が流れ、社会が変化しても「習慣的に続けてきた」という理由で何も考えずに繰り返されてきたことはこの際、もう一度考え直した方がいいと思いませんか?

今後、この見直しが受け入れられるか、受け入れられないかでアフターコロナにはその人や企業・団体、しいてはこの国の未来を左右しかねない差が生まれるのでは、、?

いずれにせよ、不幸にして亡くなられた方々の冥福をお祈りするとともに一刻も早く収束することを願っております。
1日も早くこのパンデミックが収束して実はムダかも知れないエンターテーメントが復活するのを心待ちにしています。
     で、今年、プロ野球やるのかなぁ?


2020年5月25日(月)

<< 散歩
2020.5.25
緊急事態宣言解除!!恐るおそる! >>
2020.6.1



はじめのページに戻る



みゆき矯正歯科
〒448-0821 愛知県刈谷市御幸町5-408
0566-21-8889

Copyright (c) MIYUKI ORTHODONTIC CLINIC All Rights Reserved.