愛知県刈谷市の歯科医院  みゆき矯正歯科 【矯正歯科・一般歯科】
ホーム > コロナ禍のオリンピック


 コロナ禍のオリンピック
投稿:shuji kamiya
う〜ん、東京オリンピックが閉会しました。
コロナ禍中で外出制限があることもあって診療後は連日、オリンピック三昧で過ごしました。色々と開催前には、あるいは開催中も含めてオリンピック開催の是非について様々な意見が出ていました。事前には本当に開催されるかどうか私も疑問に思っていましたし開催の是非については開催をもたらす様々な弊害を考えると無用な心配を増やさないためにも中止も止む無しではないかと感じてはいました。
しかしながら開催が決まり競技が始まると次から次えと繰り広げられるドラマの連続にほぼほぼ毎日感動を味わうことができました。日本のメダルラッシュももちろんですがメダルを取れなくても5年間のドラマを垣間見させてもらっただけでも感動のない競技者はいないと言っても良いかと感じた次第です。
現状の感染拡大状況を見れば、無観客で開催された事はオリンピックとの関連を取り沙汰される要因を取り除くと言う意味では正解だったのではないかと思います。
それにつけてもメディアに登場する一部のコメンテーター、政治家 ないしは一部の専門家(?)の無力かつ無意味な、そしてバイアスのかかった発言には辟易とします。さらに、まさに手のひら返しで「オリンピック反対」から「感動!」へと態度をころりと変える発言もびっくりです。
特に何の知識も専門性もないコメンテーターが驚くことに競技に関心がないと公言した上で、オリンピックを見てもいないのにオリンピックを批判していることには全くもって「あ・ぜ・ん」です。当然のことながらそれを許しているメディアにも大いに疑問がありますが、よくまぁ「関心がないからテレビを見ていません」と言った上で、オリンピックを語る、その無神経さに驚くばかりです。あれほどの感動とドラマをテレビ越しとはいえ、拝見している私には、これを見ずしてなぜそんなことが言えるのか極めて疑問です。
多分、オリンピックをいまだに真っ向から否定的に論じている人たちの多くは、まずオリンピックを、個々の選手の表情、ふるまいを見ていないのでしょう。
 私自身がはっきりと分かった事は
「本当に一生懸命やっている人を見ると感動する」と言うことです。
意見や価値観の違いは当然あるでしょう。
でもまともな人間なら、全身全霊をかけた人のパフォーマンスが心に響かないことなど有り得ますか?


ひょっとして国民的歌手として出るのではないかと思っていた私の大好きな桑田佳祐さんは残念ながら開会式にも閉会式にも出ませんでしたが、民放のオリンピック報道のテーマ曲は耳について離れません。
選手たちは栄光の中で常に「孤独」で、それゆえに競技の後のインタビューでは支えてくれた人たちに感謝と愛情を伝えてくれます。
どうか、テレビやSNSで否定的な意見を上げている方々、選手たちのリアルの姿をしっかりと見た上で、発言したり書き込んだりして下さいね。

私たちの日本は、本当にやさしい国だと思いたいです。



2021年8月11日(水)

<<
2021.8.6
短い間でしたが……。 >>
2021.8.16



はじめのページに戻る



みゆき矯正歯科
〒448-0821 愛知県刈谷市御幸町5-408
0566-21-8889

Copyright (c) MIYUKI ORTHODONTIC CLINIC All Rights Reserved.