愛知県刈谷市の歯科医院  みゆき矯正歯科 【矯正歯科・一般歯科】
ホーム > スピンオフ


 スピンオフ
投稿:Shuji Kamiya
 


最近のテレビ番組や映画のヒット作品では派生作品、いわゆる「スピンオフ」と呼ばれる手法がよくみられます。
主人公を別の助演俳優に振り替えてリメイクする場合も多く、結構、本編をしのぐおもしろい作品になっていることもあります。
視点が変わることで、同じ事態なのに全くの別物語になってしまうわけです。NHKの大河ドラマなどは、同じ戦国時代を描いているのにたとえば、女性の目線からの物語に変えたりして何度も何度も別の話に仕立て上げています。
で、現代においてはマスコミの報道の上では罪人扱いされている人でも、その人の立場になるとそれなりに言い分があったりします。「盗人にも三分も理」といいますが一見、極悪非道に見えても、特にメディアを経由しての報道であればなおのこと、そこには別の物語があるかもしれません。あの切ない「砂の器」のクライマックスがドラマチックなのも視点を変えればこそでしょう。
 これがさらに無実であれば切なさを通り越して、悲惨です。まわりが全員で口撃すれば、思惑とは別に自分が悪いような気になってしまうものです。
まさに、「えん罪」です。松本サリンの事件だって、1つ間違えれば死刑になってもおかしくないえん罪です。
最近であれば、例えば、俳優の高畑○×の事件の時でも一方的に報じられていますが、本当にそうなのかは不起訴となった今、捜査は中止され、真相は不明です。私としては腑に落ちない物を感じています。ひょっとしたら、何か別の事象が背後にあるのでは?などと思ったりもします。
四面楚歌となっている人に対しても、常に「本当か?、、」と考えてみることは正義の少数派を守ることができる糧となるように思います。


もっとも、自分が少数派に属してしまえば、なすすべなしですが、、。
その時は誰か、救いの手をさしのべて下さいね。

2016年10月7日(金)

<< カイゼン
2016.10.4
ティーハウス ラ・カーサ >>
2016.10.21



はじめのページに戻る



みゆき矯正歯科
〒448-0821 愛知県刈谷市御幸町5-408
0566-21-8889

Copyright (c) MIYUKI ORTHODONTIC CLINIC All Rights Reserved.